株式会社TENZAN  <TENZANカーテン事業部> 呼吸するカーテンをお届けいたします                  オーダーカーテン・オリジナルカーテン・シェードカーテン・ロールスクリーン・ブラインド・ブリーツスクリーン等々                  お客様にご満足頂ける内容のご提案をさせて頂きます                  ただいま【 LINE 】友達募集中!                  カーテン豆知識を表示しています        
現在最新
■カーテンの歴史

カーテンの語源はラテン語で「覆うこと」を意味するCortia(コルティナ)だと言われています。

世界で最も古いと言われているカーテンは「古代エジプト文明」の時代と言われています。動物の皮で作成されていたとされており、洞窟などに吊るされていたのが起源とされています。

14世紀初めにカーテンは天蓋やアルコーブと呼ばれる横穴式ベッドの間仕切りとして仕様されていて、15世紀に入ってからはルネッサンス様式になり、初めて今のように窓に取り付けられるようになりました。

17世紀のバロック様式では、ルネッサンス様式より豪華になり奇麗な色の糸を使用した生地が使われるようになりました。18世紀にはロココ様式となり曲線をふんだんに取り入れたカーテンとなり用途に幅広さを伴うようにもなりました。

更にアンピール様式では直線が支流になりましたがフランス革命の影響によって様式の統一も薄れていき、様々な種類のものが取り入れられることになったのです。現在、私たちが使用しているカーテンの原型は19世紀のものと言われております。


■日本のカーテンの歴史

平安時代に見られるカーテンの原点

日本においては、平安時代に「几帳」が可動間仕切り的に用いられたり、「御簾」というすだれを窓に使用したり、「壁代」という布製品が壁面に仕様されており、それらが今日のカーテンの原点であると考えられています。

武家時代になると、壁や襖や障子がこれらにとって代わることなります。

カーテンが実際に渡ってきたのは江戸初期

日本で初めてカーテンが使われるようになったのは、江戸時代に初期で、長崎の出島に外国公館ができた頃というのが通説になっています。

しかし、その頃は外国公館のみで使われており、実際に日本人が使い始めたのは幕末から明治にかけての時代であったのではないかと言われております。

当時のカーテンはほとんどが輸入品の重厚で高価なものであり、一部の上流階級が使用していました。

家庭におけるカーテン普及は昭和30年代

一般住宅に本格的にカーテンが普及し始めたのは、昭和30年に入ってからのことです。

日本住宅公団によるアパート建設が始まったことにより住宅産業が盛んになり、カーテンが生産されるようになりました。その後、40年代に入ると、遮光、遮熱、防音などの諸機能を持つカーテンが登場し、家庭の必需品として定着してきたのです。


※カーテンの歴史に関しては文献がほとんど無いため、インターネットなどの情報を一部伐採して掲載しております。あくまでも参考程度にしてください。



■カーテンを洗濯した日は気分爽快


1年間に皆さんは何回カーテンをカーテンレールから外して洗濯をしていますか?

年末の大掃除の時? 大型連休中?

さすがに1度も洗濯をしたことがないという方は、いらっしゃらないと思いますが、カーテンを洗濯している最中に洗濯機の浴槽を覗いてみたことはありますか?あっというまに水が真っ黒になっていくあの様を、、、、、。

あの汚れた水を見ているせいなのか、洗濯後のカーテンを取り付けた後は部屋が浄化された気分になり、気の持ち方が明るくなったりしたことはありませんか?(笑)

お部屋に掃除機をかけたり、お布団を干したりしたとき以上に気分は爽快になっていると思います。

カーテンの役目はここまで人の心に深く関わってくるほどです。

一度も洗濯をしたことがないっていう方は、是非一度洗濯をして試してみてください。心が晴れ晴れすることは間違いないでしょう。

■カーテンを洗濯される場合には「防炎ラベル」にご注意を!

カーテンを洗濯しようとしている方はいらっしゃるでしょうか?

古いカーテンを洗われる場合は日本防炎協会の「防炎ラベル」にご注意ください。防炎ラベルはカーテンの隅に縫い付けられていることが多く、下記のようなラベルです。


ラベルの緑色の文字をご覧ください。「
洗濯をした場合は要防炎処理」と書いてあります。つまり洗濯をしてしまうと防炎剤が取れてしまい消防法に不適合のカーテンになってしまいます。不用意に洗濯をしてしまい防炎剤が落ちてしまったなどでのお問い合わせやご相談も多数あります。

自前で洗濯をされる方は、是非このラベルをチェックされることをお勧めいたします。もし洗濯を誤ってしてしまった場合は、再度防炎加工を施すために業者に依頼する必要があります。



■ブラインド


オフィスなどで使用されることが多いブラインドカーテン。

スラットと呼ばれる羽の角度を変えることで光量を調節することが出来ます。一番ポピュラーなものは、スラットが水平に並び、上下に開閉できるヨコ型ブラインドというタイプです。「ベネシャンブラインド」とも呼ばれています。


このヨコ型ブラインドの原型が生まれたのが、イタリアの水の都ヴェネツィア(ベネチア)。上から降り注ぐ太陽の光と、水面の照り返しの両方を遮るために使用されていて、そこからベネシャンブラインドという名前になったそうです。


プライバシーポリシー採用情報


© ATOM株式会社 2021.6.1